会長挨拶


 歴史や伝統のある山鹿の地に生まれ、そして山鹿商工会議所青年部の会長という役を仰せつかり改めて気が引き締まる思いです。今年度スローガン、『覧古考新』築く未来への懸け橋。地域の歴史や伝統に学び、その事を忘れることなく、若者の手で新たな時代を築いていくYEGでなければならないという思いでこのスローガンに決めました。過去があって今があり、これからのために今がある。未来のために今我々が存在し、行動する事こそが築く未来への懸け橋となると考えます。

 その中で、本年度は三つの委員会を設置しました。一つ目の委員会は、総務会員拡大委員会です。ホームページ及びSNSを利用した活発なYEG活動の情報発信とエンジェルタッチの活用促進を軸に、会員拡大を図る事も目指します。二つ目は、山鹿活性化委員会です。食や伝統文化、遺跡や祭りなど、豊富な地域資源を今一度見直し、若い発想でそれを利活用した魅力づくり、魅力の発信等を行います。三つ目は、経営スキルアップ委員会です。経営者としてのスキルを一年間通して伸ばす事を目標とします。各会員の事業所が置かれている経営環境を正しく理解し、将来を見据えた経営計画が作成できる経営者を目指します。

 また、商工会議所青年部の活動は地元での活動に限ったことだけではありません。県内、九州、そして全国に3万3000名を超えるYEGの仲間が活動をしています。我々はYEG活動を通して、関わり、交流を持つことが出来ます。心から付き合える友人作りやビジネスネットワークの構築が出来る事も青年部の魅力の一つです。広い視野を持ち、全国の仲間から学び山鹿の発展につなげることが我々の使命の一つでもあります。
 諸先輩方が築き上げてこられた歴史に感謝し、これからの新しい未来への懸け橋となるよう、会員一同全力で取り組んで参ります。

山鹿商工会議所青年部 会長 | 山鹿商工会議所
平成30年度
会長
井口 裕二

副会長挨拶


 平成28年4月におきた熊本地震から早くも2年。熊本県内を見渡すと復興がだいぶ進んでまいりましたが、まだこれからと感じるところもございます。また少子高齢化、過疎化、労働人口の減少などを鑑みると決して明るい未来が山鹿に待っているとは言えません。しかし、私たち山鹿YEGは地域を支える青年経済人として自己研鑽に努め、次世代が少しでも良くなるよう歩をすすめていきたいと考えております。
 本年度も山鹿YEGでは数多くの事業を計画しております。それぞれの事業で山鹿の地域活性化を目指してきたいと思っております。また本年度は熊本県連会員大会が山鹿で開催されます。多数のYEGメンバーにお越しいただき山鹿の魅力を存分にアピールできるよう山鹿YEG一丸となって頑張っていく所存です。
 井口会長のもと全員で切磋琢磨し、実りある一年になるよう私も精一杯尽力して参りたいと思いますので、何卒よろしくお願い致します。

山鹿商工会議所青年部 副会長 | 山鹿商工会議所
平成30年度
副会長
星子 真貴

 本年度が始動し、年々YEG活動も活発化、そして充実してきており、私自身YEGに在籍している意義、魅力を改めて感じています。
 本年度は井口会長を先頭に実りある例会、各種イベント、事業の実施はもちろんのこと、例年通りという発想をなくし新しい事に挑戦する事を恐れず、行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じ、山鹿YEGは邁進して参ります。
 そして会員一人一人が今を感じ、今を生きる事が自己の成長そして事業所、ひいては地域の発展へ繋がる事と信じております。
 井口会長のスローガン「覧古考新~築く未来への懸け橋~」のもと伝統を築いてこられた諸先輩方のお力添え、そして教えを乞いながら会員一丸となり若い力を武器に歩をすすめて参りましょう。
 私自身も自分の役目を全うすべく、全身全霊で取り組んでいくことを誓い私の所信と致します。
 皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い致します。

山鹿商工会議所青年部 副会長 | 山鹿商工会議所
平成30年度
副会長
平 怜也