会長挨拶


 平成30年度に引き続き、山鹿商工会議所青年部の会長を仰せつかり大変光栄でございます。
 平成という一つの時代が終わり新しい時代の幕明けに、沢山の仲間と共にスタートを切れることに大きな喜びを感じております。
 本年度スローガン
Starting Over」~築く未来への懸け橋~
時代の節目にあたり、我々はYEGだから出来る事、YEGの使命は何なのかを今一度見つめなおし、山鹿YEGが新たな海原へ力強く船出しようという思いでこのスローガンに決めさせていただきました。私たちはYEG活動を通して自企業の発展や山鹿地域の活性化のため、今後より一層必要とされる組織になるよう邁進して参ります。

 その中で、今年度は二つの委員会を設置致しました。一つ目の委員会は稼ぐ力委員会です。地域を支える青年経済人として、今一度原点に立ち返って考え、YEGとして、YEGらしく、YEGにしかできない事は何なのかを考察し、会員同士で活発な議論をし、新しい価値を創造することを目指します。二つ目の委員会は、フューチャーマネジメント委員会です。5年後、10年後・・・何十年と胸を張っていられる、企業、事業所を目指し、経営者としての資質の向上を図り、各会員の企業、事業所の発展、成長へと繋がるような委員会を目指します。

 また、YEGの活動は地元での活動に限ったことだけではありません。県内に九州に、そして全国に3万4千名を超えるYEGの仲間が活動をしています。我々はYEG活動を通して、関わり、交流を持つことが出来ます。心から付き合える友人作りやビジネスネットワークの構築が出来る事も青年部の魅力の一つです。広い視野を持ち、全国の仲間から学び山鹿の発展につなげることが我々の使命の一つでもあります。

諸先輩方が築き上げてこられた歴史に感謝し、素晴らしい未来への懸け橋となる一年となるよう、会員一同全力で取り組んで参ります。どうかこの一年、宜しくお願い致します。

山鹿商工会議所青年部 会長 | 山鹿商工会議所
平成30年度
会長
井口 裕二

副会長挨拶


 昨年度に引き続き本年度も副会長を仰せつかり身の引き締まる思いです。時代は平成から令和へと変わります。この新しい令和という時代をどう生き、どう動くか、そして令和から年号がまた変わる際には、令和がとても良い時代であったと、後世に言われるように私たちは未来を見据えて日々過ごしていかなければなりません。
 これは山鹿YEGも同じことが言えるのではないでしょうか。山鹿YEGがどのように歩を進めていくか、今年度がそのスタートであると思っております。自己研鑽に努め自社の発展の一助になるような例会や、地域の活性化に繋がるような事業を井口会長のもと会員一同同じ目標を掲げ進んでいったその先には、きっと後世に誇れる山鹿YEGがあると確信しております。
 会員一同切磋琢磨し、実りある一年になるよう私も精一杯尽力してまいりたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。

山鹿商工会議所青年部 副会長 | 山鹿商工会議所
平成30年度
副会長
星子 真貴

 去る2月16日に開催されました、熊本県商工会議所青年部連合会会員大会山鹿大会におきまして、ご来賓の皆様はじめ、YEGメンバーOB.OGの皆様方にご臨席賜り改めて厚く御礼申し上げます。
 さて、平成から令和という新しい時代の幕明けとなり井口会長のスローガンのもとに今一度、私達がYEGに在籍している意義、魅力は何なのか、地域を支える青年経済人としてその本来の使命、目的を改めて考え行動していく1年になればと考えます。
 諸先輩方が築き上げられた歴史に感謝をしながらも、現状に満足する事なく失敗を恐れず、私達は挑戦しつづけなければなりません。その為にも行動こそ時代を先駆ける青年の責務と一人一人が自覚する事により、各事業所発展そして、ひいては地域の発展へと繋がると信じ山鹿YEGは邁進してまいります。
 私自身も井口会長のもと自分の役目を全うすべく精一杯尽力することを誓い所信と致します。何卒宜しくお願い致します。

山鹿商工会議所青年部 副会長 | 山鹿商工会議所
平成30年度
副会長
平 怜也